トップ > ライフ > ライフ

バルセロナで最後の闘牛、来年1月から禁止

2011年9月26日 11:22 発信地:バルセロナ/スペイン

このニュースをシェア

バルセロナで最後の闘牛、来年1月から禁止
1/6
スペイン・カタルーニャ(Catalonia)自治州バルセロナ(Barcelona)のモヌメンタル(Monumental)闘牛場で行われた最後の闘牛興行(2011年9月25日撮影)。(c)AFP/LLUIS GENE
【9月26日 AFP】スペイン・カタルーニャ(Catalonia)自治州のバルセロナ(Barcelona)にあるモヌメンタル(Monumental)闘牛場で25日、同州最後の闘牛の興行が行われ、3人のトップ・マタドール(闘牛士)が6頭の牛を相手にその技を披露した。

 何世紀も続いてきた伝統あるカタルーニャの闘牛だが、動物愛護団体などが廃止を求める18万人分の署名を提出したことを受け、2012年1月1日から同州での闘牛を禁止する条例が前年、州議会で可決されている。

 1914年に開業したモヌメンタル闘牛場は、現在バルセロナに唯一残った闘牛競技場。最後の闘牛興行のチケットは完売し、当日は闘牛場を埋め尽くした1万8000人の観衆が「自由を!」と叫んだ。

 この日、最後に登場した闘牛支持派のカタルーニャ人闘牛士、セラフィン・マリン(Serafin Marin)さんは、体重570キロもある牛を倒した後、胸に手を当てた。その後、観衆らが3人の闘牛士を肩に担いで市内を練り歩いた。

 観戦に来た68歳の男性は「この闘牛場を閉鎖するなんて、ピカソの絵をゴミ箱に捨てるようなもんだ」と語った。

 カナリア諸島(Canary Islands)では既に91年に闘牛を廃止しているが、スペイン本土で闘牛禁止を決めたのはカタルーニャが初めて。闘牛廃止の機運はスペイン各地にも広がってはいるが、今のところはカタルーニャに続く自治体が現れる気配はない。(c)AFP/Elodie Cuzin
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>