米国、医薬品の関税撤廃と知的財産権保護強化を呼びかけ TPP交渉

2011年09月14日 11:31 発信地:シカゴ/米国 【写真】 【ブログ】
  • 楽天SocialNewsに投稿!

ブラジルのリオデジャネイロ(Rio de Janeiro)の製薬会社が製造した新型インフルエンザA型(H1N1)の治療薬オセルタミビル(Oseltamivir)の錠剤(2009年7月30日撮影、資料写真)。(c)AFP/ANTONIO SCORZA

関連写真1/1ページ(全1枚)

  • 「プレイステーション4」、世界累計販売が700万台に
  • ホンダ「新型アシモ」が米初上陸、英語で「ハロー!ニューヨーク」
  • 【写真特集】NY国際自動車ショー、ヤンキース仕様プリウスも登場
  • 中国の靴工場で3万人以上がストライキ
  • 北朝鮮の地下経済、国家の独占緩む 米人権団体
  • 次の新興国は「MINT」か「PPICS」か「CIVETS」か?
  • 手のひら静脈認証で決済を手早く安全に、スウェーデン・ルンド市
  • 世界のバナナ生産に「甚大な被害」の恐れ、パナマ病が拡大
  • NY自転車シェアリング、業務拡充に向け出資者を募集
  • 光る車線の「スマート・ハイウエー」、オランダ
  • 規制緩和で競争激化、ドイツの長距離バス市場
  • フランス国連大使の豪邸、48億円で売り出し中 NY
  • 中国製マグカップにヒトラーの肖像、気付かず販売し謝罪 独
  • 日本は女性の労働参加促進を、IMF専務理事
  • 自動車の対米輸出台数、メキシコが日本抜き2位に
  • 米国で感染広がるブタ流行性下痢ウイルス、豚肉価格の高騰懸念も
  • 米HP、贈賄で米当局と和解 110億円支払いへ
  • トヨタが世界で639万台をリコール、座席などに不具合
  • IMF、日本の成長率見通しを下方修正 アベノミクスに警告
  • 産業技術見本市「ハノーバー・メッセ2014」開催
【9月14日 AFP】米シカゴ(Chicago)で開かれている、環太平洋地域での自由貿易協定の創設を目指す環太平洋連携協定(TPP)の交渉会合で12日、米国が医薬品における関税の撤廃と知的財産権保護の強化を呼びかけた。

 会合参加国は米国のほか、オーストラリア、ブルネイ、チリ、マレーシア、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナムの計9か国。

 医薬品の扱いに関する米国の主張について、米通商代表部(USTR)のキャロル・ガスリー(Carol Guthrie)報道官は、TPPは参加国の市場にアクセスするための「窓」であり、各国に知的財産権の保護を認め、一定期間に限って医薬品を市場に流通させるべきだと説明した。

 さらに米国は、ジェネリック医薬品についても、特許が失効するまでの準備期間に製薬企業が合法的に医薬品開発に取り組めることを保証する法整備の向上を求めた。

 ガスリー報道官によれば、米国の主張が通れば、これまではできなかった新薬品の市場流通が促進されるうえ、ジェネリック医薬品についても、法的に販売が許可されるその日に手に入るようになるという。

 これらに加えて、米国はジェネリック医薬品と新薬への関税の即時撤廃も求めていく考えだ。(c)AFP

本日の必読記事1日2回更新

このニュースの関連情報

このニュースへのリンク

http://www.afpbb.com/articles/-/2826954

トピックス

お知らせ

PRリンク

BPNPR

カテゴリ登録はこちらより