トップ > 環境・科学 > 環境

アマゾン川の地下深くに地底河川

2011年8月26日 16:01 発信地:サンパウロ/ブラジル

このニュースをシェア

アマゾン川の地下深くに地底河川
ブラジル北部マナウス(Manaus)で、支流のネグロ川(Black River)と本流のソリモンエス川(Solimoes River)の合流点(2006年11月28日撮影)。(c)AFP/Evaristo SA
【8月26日 AFP】ブラジル国立天文台(Brazil's National Observatory)は25日までに、アマゾン(Amazon)川の地下約4000メートルを流れる地底河川を発見し「ハムザ川(Hamza River)」と名付けたと発表した。

 研究者らは、ブラジル石油公社(ペトロブラス、Petrobras)がアマゾン地方で掘削した241本の井戸を調査し、アマゾン川に並行して西から東へ流れる地底河川があるとの結論に達したという。

 ハムザ川は、地表を流れるアマゾン川とほぼ同じ経路ながら水系は別で、流れが非常に遅く、地下深くで海に注ぎ込んでいる。これが、アマゾン川河口付近の海水の塩分濃度が低い原因と考えられるという。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>