トップ > ライフ > エンターテインメント > 映画

ノルウェー銃乱射、容疑者の好きな映画『ドッグヴィル』の監督が「不快感」

2011年8月2日 10:10 発信地:コペンハーゲン/デンマーク

このニュースをシェア

ノルウェー銃乱射、容疑者の好きな映画『ドッグヴィル』の監督が「不快感」
第64回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)の記者会見に出席したラース・フォン・トリアー(Lars Von Trier)監督(2011年5月18日撮影)。(c)AFP/ANNE-CHRISTINE POUJOULAT
【8月2日 AFP】ノルウェー爆破・銃乱射事件のアンネシュ・ベーリング・ブレイビク(Anders Behring Breivik)容疑者が好きな映画のひとつとしてデンマークの映画監督ラース・フォン・トリアー(Lars von Trier)の作品『ドッグヴィル(Dogville)』を挙げていることに対し、同監督がデンマーク紙ポリティケン(Politiken)のインタビューで、「非常に不快だ」と語った。

 ブレイビク容疑者は、フェイスブック(Facebook)のプロフィールで、好きな映画3作品のひとつとしてトリアー監督の2003年の作品『ドッグヴィル』を挙げていた。

「私にとっては最高の作品である『ドッグヴィル』を、容疑者が台本のように使ったと思うと非常に不快だ。おぞましい」。7月29日に同紙のウェブサイトに掲載されたインタビューで、トリアー監督はこのように心境を明かした。

 ブレイビク容疑者はオスロ近郊のウトヤ(Utoeya)島で行われていた与党・労働党のサマーキャンプで銃を乱射し、69人を射殺。トリアー監督はこの銃乱射に言及し、『ドッグヴィル』のラストシーンは、残念だがウトヤ島の事件に似ていると話した。同作のラストシーンは、ドッグヴィルという村の住人たちが射殺されるというものだ。

「この作品を作ったことを嘆いているかと聞いてるのかい?そうだよ。この作品がきっかけになったと証明されれば、製作したことを遺憾に思うよ」

 このように語ったトリアー監督は、同作の意図は人びとに対する啓発であり、暴力を引き起こすことではないと説明した。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>