ソニーなどへのハッカー攻撃で19歳少年逮捕、英警察

2011年06月22日 07:34 発信地:ロンドン/英国

このニュースをシェア

ソニーなどへのハッカー攻撃で19歳少年逮捕、英警察 ▲ キャプション表示

×都内のソニーショールーム(2006年11月6日撮影、資料写真)。(c)AFP/YOSHIKAZU TSUNO

写真拡大
【メディア・報道関係・法人の方】写真購入のお問合せはこちら
【6月22日 AFP】英警察当局は21日、ハッカー集団「ラルズ・セキュリティー(Lulz Security)」が米中央情報局(CIA)や米上院、ソニー(Sony)などのウェブサイトをこの1か月で立て続けに攻撃した事件に絡み、19歳の少年を逮捕したと発表した。捜査には米連邦捜査局(FBI)も協力したという。

 英警察のサイバー犯罪チームが20日、イングランド南東部エセックス(Essex)州ウィックフォード(Wickford)の自宅で、コンピューターへの不正侵入や詐欺などの容疑でライアン・クリアリー(Ryan Cleary)容疑者を逮捕したという。

 現在、ロンドン警視庁で取り調べが行われているという。

 クリアリー容疑者の逮捕について、ラルズ・セキュリティーは、ツイッター(Twitter)の公式アカウント「LulzSec」上に、あざ笑うかのようなコメントを掲載した。「われわれの誉れ高いリーダーが逮捕されたらしい。一貫の終わりだぁ・・・いや待て、われわれは全員、まだここにいるぞ!いったい、どこの哀れなやつを捕まえたんだ?」

 クリアリー容疑者の母親はBBCの取材に対し、「息子は12の頃からコンピューターの世界に入り浸っていた」と話している。(c)AFP/Danny Kemp

本日の必読記事1日2回更新

このニュースの関連情報

おすすめ写真特集

トピックス

注目ニュース

国際ニュースランキング

  • アクセス
  • 大画面

    今ネットで話題の記事

    お知らせ

    BPNPR


    BPNディレクトリは2014年8月31日を持ちましてサービスを終了いたします。長らくのご愛顧ありがとうございました。

    カテゴリ登録はこちらより

    おすすめコンテンツ