トップ > ニュース > 経済

世界の食糧供給システム、見直しが必要 オックスファム

2011年6月1日 8:16 発信地:パリ/フランス

このニュースをシェア

世界の食糧供給システム、見直しが必要 オックスファム
中国東部で干ばつの被害を受けたトウモロコシ(2011年2月21日撮影、資料写真)。(c)AFP/Peter PARKS
【6月1日 AFP】国際NGOオックスファム(Oxfam)は5月31日公表したレポート「Growing a Better Future」で、世界の食糧供給システムの徹底的な見直しが必要だと訴えた。オックスファムによると、人口増加や気候変動の影響による収穫高の減少で、飢餓人口は今後数十年で数百万人増える見通しだという。

 オックスファムは、「食糧供給システムの崩壊」により、一部の主食となる食糧の価格が2030年までに2倍超に上昇し、収入の80%程度を食費に充てる貧困層が打撃を受けるとしている。現時点で飢餓人口は約9億人だが、「パーフェクトストーム」(最悪の事態)が起きた場合には、さらに増える恐れがあるという。

 世界の人口は2050年までに現在の69億人から3分の1増加し、91億人に達するとされている。成長著しい国々の経済発展を背景に、食糧需要は70%も増える見通しだ。

 同時に、干ばつや洪水などの被害を受けて作物収穫量が減少するなど、気候変動による影響が顕在化し始めると予想されている。オックスファムによると、トウモロコシなど主食の価格はすでに過去最高の水準に達したが、今後20年で価格はさらに2倍超、上昇する見通しだという。

 オックスファムはこうした事態の対応策として、水などのムダ遣いをなくすことや、持続可能な作物栽培の促進を挙げている。

 レポートは、オックスファムが45カ国で実施する食糧改革キャンペーンにあわせて作成されたもの。キャンペーンには、ブラジルのルイス・イナシオ・ルラ・ダシルバ(Luiz Inacio Lula da Silva)前大統領や南アフリカのノーベル平和賞受賞者、デズモンド・ツツ(Desmond Tutu)氏、米女優スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)さんなど各界の大物が支援している。(c)AFP/Richard Ingham
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>