2万個の穴で美しい模様、スロベニア職人のイースターエッグ

2011年04月23日 19:45 発信地:Stara Vrhnika/スロベニア

このニュースをシェア

関連写真

1/13 2万個の穴で美しい模様、スロベニア職人のイースターエッグ ▲ キャプション表示

スロベニア、首都リュブリャナ(Ljubljana)から50キロ離れたStara Vrhni…

×スロベニア、首都リュブリャナ(Ljubljana)から50キロ離れたStara Vrhnikaで、キリスト教の復活祭(イースター)に向け、タマゴの殻に2万個以上の穴をあけて模様を描く特製イースターエッグの準備が進んでいる。

この特製イースターエッグを作るのは、スロベニアの職人フランク・グロム(Franc Grom)さん(70)。独特の製作技法を18年間続けている。

特製イースターエッグの多くは、2500~3000個の穴で模様を描く。制作には約1週間かかり、グロムさん以外にはここまで多くの穴をあけて模様を付ける人はいないという。

写真は、2万個の穴をあけて作られたイースターエッグ(2011年4月22日撮影)。(c)AFP/HRVOJE POLAN

写真ギャラリーをみる 写真ギャラリーをみる 写真ギャラリーをみる 写真ギャラリーをみる 写真ギャラリーをみる 写真ギャラリーをみる 写真ギャラリーをみる 写真ギャラリーをみる 写真ギャラリーをみる 写真ギャラリーをみる 写真ギャラリーをみる 写真ギャラリーをみる 写真ギャラリーをみる
【メディア・報道関係・法人の方】写真購入のお問合せはこちら
【4月23日 AFP】スロベニア、首都リュブリャナ(Ljubljana)から50キロ離れたStara Vrhnikaで、キリスト教の復活祭(イースター)に向け、タマゴの殻に2万個以上の穴をあけて模様を描く特製イースターエッグの準備が進んでいる。

 この特製イースターエッグを作るのは、スロベニアの職人フランク・グロム(Franc Grom)さん(70)。独特の製作技法を18年間続けている。

 特製イースターエッグの多くは、2500~3000個の穴で模様を描く。制作には約1週間かかり、グロムさん以外にはここまで多くの穴をあけて模様を付ける人はいないという。(c)AFP

本日の必読記事1日2回更新

このニュースの関連情報

トピックス

注目ニュース

国際ニュースランキング

  • アクセス
  • 大画面

    おすすめコンテンツ


    今ネットで話題の記事

    お知らせ

    PRリンク

    BPNPR

    カテゴリ登録はこちらより