【4月20日 MODE PRESS】フランス・パリでデザイナーとして活躍するリュウゾウ・ナカタ(RYUZO NAKATA)の世界初となるオンリーショップ「RYUZO NAKATA青山」が4月20日、東京・表参道にオープンした。

 スワロフスキーやビーズなどを施した「ビジューデニム」を世に送り出したことで業界内でも定評のあるリュウゾウ・ナカタ。かつて20年ちかく、エマニュエル・ウンガロ(Emanuel Ungaro)のメゾンでデザイナーとして活躍した経験と技術に加えて、在仏30年のナカタ流ともいえるモダンなセンスは、着心地の良さと美しさを兼ね備えた「プティ・クチール」として、世界中で多くの顧客たちを魅了している。

 今回オープンした青山店では、レディース・メンズ服をメインにナカタが愛してやまないワインに関連したアイテムやテーブルウェア、さらにはベビー用品や絵画に至る品々を取り扱う。リュウゾウファンである大人の女性たちはもちろん、まだブランド未体験の人も是非一度足を運んでみて。

【ショップ概要】
住所:東京都渋谷区渋谷2-3-4 
電話:03-3409-3678  
営業時間:14時~22時(火~土)、12時~19時(日)
定休日:月・祝日
(c)MODE PRESS