闘牛ならぬ「闘ラクダ」、新年祝う伝統行事 アフガニスタン

2011年03月25日 19:03 発信地:マザリシャリフ/アフガニスタン

このニュースをシェア

1/10 闘牛ならぬ「闘ラクダ」、新年祝う伝統行事 アフガニスタン ▲ キャプション表示
×アフガニスタン北部のマザリシャリフ(Mazar-i Sharif)で22日、ウシではなくヒツジやラクダを闘わせる催しが開かれた。  アフガニスタン暦で元日にあたる21日からマザリシャリフで開催されている祝祭には、アフガニスタン全土から大勢の人びとが集まっている。闘牛ならぬ「闘羊」や「闘ラクダ」も、新年の訪れを祝う伝統行事の1つだ。  春分の日の21日を新年の祭日とするノールーズは、トルコやイラン、イラク、中央アジアやアゼルバイジャンなど、世界各地で幅広く祝われている(2011年3月22日撮影)。(c)AFP/Massoud HOSSAINI 【動画】「闘ラクダ」の映像(YouTube/AFPBB News公式チャンネル)
写真拡大
【メディア・報道関係・法人の方】写真購入のお問合せはこちら

関連写真

【3月25日 AFP】アフガニスタン北部のマザリシャリフ(Mazar-i Sharif)で22日、ウシではなくヒツジやラクダを闘わせる催しが開かれた。

 アフガニスタン暦で元日にあたる21日からマザリシャリフで開催されている祝祭には、アフガニスタン全土から大勢の人びとが集まっている。闘牛ならぬ「闘羊」や「闘ラクダ」も、新年の訪れを祝う伝統行事の1つだ。

 春分の日の21日を新年の祭日とするノールーズは、トルコやイラン、イラク、中央アジアやアゼルバイジャンなど、世界各地で幅広く祝われている。(c)AFP

このニュースの関連情報

おすすめ写真特集

トピックス

注目ニュース

国際ニュースランキング

  • アクセス
  • 大画面

    今ネットで話題の記事

    お知らせ

    おすすめコンテンツ