メキシコのリゾート地で頭部のない15遺体見つかる

2011年01月10日 12:32 発信地:メキシコ市/メキシコ

このニュースをシェア

1/3 メキシコのリゾート地で頭部のない15遺体見つかる ▲ キャプション表示
×メキシコ・アカプルコ(Acapulco)のショッピングセンター脇の路上で見つかった犠牲者の遺体(2011年1月9日撮影)。(c)AFP/Pedro Pardo
写真拡大
【メディア・報道関係・法人の方】写真購入のお問合せはこちら

関連写真

【1月10日 AFP】メキシコ当局は9日、麻薬抗争がらみの事件で8~9日の2日間だけで51人が殺害されたと発表した。

 当局の統計によると、南西部ゲレロ(Guerrero)州、北東部チワワ(Chihuahua)のほか首都メキシコ市(Mexico City)でも、車からの銃撃や処刑などで殺害された遺体が相次いで発見された。

 なかでも8日、リゾート地アカプルコ(Acapulco)のショッピングセンター脇の路上で頭部を切断された15遺体が見つかった事件は、凄惨(せいさん)を極める。遺体の頭部は、近くにまとめて捨てられていた。犠牲者には17歳の少年2人が含まれていたという。

 この事件は、2008年8月に東部ユカタン(Yucatan)州の州都メリダ(Merida)郊外で頭部のない12遺体が発見された事件を超える集団殺害事件となった。メリダの事件は、麻薬組織「ロスセタス(Los Zetas)」による犯行とされている。

 メキシコ政府は5年前から、軍5万人を投入して麻薬組織の撲滅に取り組んでいる。(c)AFP

【関連記事】
「14歳の殺し屋」を拘束、メキシコ当局
麻薬抗争の町に20歳の「女子大生警察署長」誕生
メキシコの麻薬戦争

このニュースの関連情報

おすすめ写真特集

トピックス

注目ニュース

国際ニュースランキング

  • アクセス
  • 大画面

    今ネットで話題の記事

    お知らせ

    おすすめコンテンツ