トップ > 環境・科学 > IT

iPhone 4、サマータイム終了に対応できず 英国で「寝坊」社員続出

2010年11月2日 9:24 発信地:ロンドン/英国

このニュースをシェア

iPhone 4、サマータイム終了に対応できず 英国で「寝坊」社員続出
ニューヨーク(New York)のアップルストア近くでiPhone 4を手に取る人(2010年6月24日撮影)。(c)AFP/Emmanuel Dunand

【11月2日 AFP】10月31日にサマータイムが終了した英国では、週明けの1日、「iPhone 4」のせいで寝坊したという会社員が続出した。ソフトウエアのバグにより、アラーム設定時刻が自動調整されなかったためだ。

 ツイッター(Twitter)には、アラーム時計が1時間遅れで鳴ったという怒りのコメントが数百件寄せられた。 「アップル、でかしたぞ。iPhoneに頼るな、普通の目覚まし時計を使えと、あんたは教えてくれた」「おバカなiPhoneのアラーム時計は1時間遅れで鳴りやがった。すばらしい週の始まりだ」

 なお、その他の機能の時間設定はきちんと自動更新されていたという。この件に関し、アップル(Apple)からコメントは出ていない。だが前月、オーストラリアで同様の問題が発生したため、ソフトウエアパッチを作成中だと発表していた。ただしオーストラリアの場合、サマータイムへ移行したため、アラームは1時間早く鳴ったという。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>