同性愛者の若者支援、動画投稿キャンペーンが人気

2010年10月21日 18:58 発信地:ワシントンD.C./米国 【写真】 【ブログ】
  • 楽天SocialNewsに投稿!

米ワシントンD.C.のリッツカールトン・ホテルで演説するヒラリー・クリントン米国務長官(2010年10月20日撮影)。(c)AFP/Kimihiro Hoshino

関連写真1/1ページ(全1枚)

  • 3億年前の「陸生草食動物の最古の祖先」の化石を発見、国際研究
  • 地球サイズの惑星を発見、生命居住可能領域で初 NASAなど
  • 黄河上流にブタ死骸170頭超、中国
  • 「変わってる」ことが「異性への魅力」にも、研究
  • 次世代ソーラー飛行機、初の屋外テスト スイス
  • 「空飛ぶ円盤」で火星表面に物資を、NASAが試作機
  • コンゴ国立公園所長が胸撃たれ重傷、待ち伏せ攻撃か
  • 宇宙を泳ぐ青色の「おたまじゃくし」、ハッブル宇宙望遠鏡
  • 遺伝性疾患治療にクローンヤギの乳、特別な酵素含む ブラジル研究
  • 史上最大級のT・レックス化石、米首都の博物館に到着
  • ヒグマの視点で撮影された映像、仏博物館で公開
  • 皆既月食の「赤い月」、米大陸で観測
  • 早すぎる開花に奇妙な花…「宇宙桜」の謎に科学者ら当惑
  • 低血糖だと夫婦は険悪に、米研究
  • 苦情ツイートへの返答にわいせつ画像、USエアウェイズが謝罪
  • 「ハートブリード」バグで150万人情報流出か 英育児サイト
  • 地球温暖化による海水の酸化、魚が生存本能失う可能性 研究
  • 米グーグル、ソーラー無人機メーカーを買収
  • 温暖化防止目標実現には、エネルギー改革が必須 IPCC
  • 米海軍、海水を燃料にする技術を開発
【10月21日 AFP】同性愛者であるためにいじめを受けた若者の自殺が最近相次いだ米国で、ゲイやレズビアンの少年少女を励ますために始められたインターネット上の動画投稿キャンペーンが、数百万回のアクセスを呼ぶ大ヒットとなっている。

 きっかけは9月末、米シアトル(Seattle)に住むゲイのカップルが、「イト・ゲッツ・ベター(It Gets Better、物事は良くなるの意)・キャンペーン」と称し、いじめなどに遭っている同性愛者の若者たちに、「現在はどんなに苦しい人生でも、将来は必ず良くなる」と語りかけようと、インターネット上に現在の自分たちの様子を撮影したビデオを投稿したことだった。

 このビデオに返信する一般の人の投稿の輪が何百人にも広がり、20日には支援を示して紫色を着る「ウェア・パープル・デー(Wear Purple Day)」が呼び掛けられるほどに広がった。ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)米国務長官やブロードウェイ(Broadway)のスターたちも共感し、投稿に加わった。
 
 クリントン長官はビデオの中で、最近の同性愛者の若者の自殺に触れつつ、こう呼び掛けた。「いじめられている若い人たち、ひとりぼっちだと感じ、より良い未来があるなんて信じられないと思っている若い人たち全員に言葉を贈ります。くじけないで、助けを求めてください。あなたの命はとても大事なのです」

 同性愛の若者の相談を受け付ける24時間ホットラインを運営している米ボランティア組織、トレバー・プロジェクト(Trevor Project)によると、米国では異性愛者の若者に比べて、同性愛者の若者が自殺する確率は4倍高い。

 最近では、ゲイ同士のラブシーンを同級生に撮影され、インターネット上で公開された大学生が、ニューヨークのハドソン川に投身自殺した。(c)AFP

【関連記事】同級生の同性愛ラブシーンを隠し撮りネット中継、被害者自殺 米大学
【参考】It Gets Betterのサイト(英語)

本日の必読記事1日2回更新

このニュースの関連情報

このニュースへのリンク

http://www.afpbb.com/articles/-/2768078

トピックス

お知らせ

PRリンク

BPNPR

カテゴリ登録はこちらより