トップ > 環境・科学 > IT

東芝、メガネ不要の3Dテレビ2種を12月発売

2010年10月4日 19:39 発信地:東京

このニュースをシェア

東芝、メガネ不要の3Dテレビ2種を12月発売
1/3
千葉県幕張で開催中のアジア最大のIT・家電総合見本市「CEATEC JAPAN(シーテックジャパン)2010」で東芝(Toshiba)が発表した、専用眼鏡をかけず楽しめる世界初の3D液晶テレビ「レグザGL1(Regza GL1)」シリーズ(2010年10月4日)。(c)AFP/Yoshikazu TSUNO
【10月4日 AFP】東芝(Toshiba)は4日、専用の眼鏡をかけずに立体(3D)映像を楽しめる世界初の液晶テレビ「レグザGL1(Regza GL1)」シリーズ2機種を発表した。12月下旬に発売する。

 店頭想定価格は、米ダウジョーンズ・ニュースワイヤーズ(Dow Jones Newswires)によると画面サイズ12型が12万円前後、20型が24万円前後。

 現在発売されている3Dテレビは、特殊な専用眼鏡をかけることによって左右の目に異なる映像を見せ、錯覚を起こさせるシステムを採用している。新型テレビの販売増と価格下落に対応するため、メーカー各社はこぞって3D開発に乗り出しているが、複数の視聴者が裸眼でどの角度からでも立体映像を見られるようにする技術の開発が課題だった。(c)AFP
IT
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>