【9月12日 AFP】世界ラリー選手権(World Rally Championship 2010)第10戦、ラリー・ジャパン(Rally Japan 2010)最終日。シトロエンC4(Citroen C4)のセバスチャン・オジェ(Sebastien Ogier、フランス)が合計タイム3時間10分26秒4で逆転優勝し、今季2勝目を挙げた。

 2位には15秒7遅れでシトロエンC4のペター・ソルベルグ(Petter Solberg、ノルウェー)、3位には26秒遅れでフォード・フォーカス(Ford Focus)のヤリマティ・ラトバラ(Jari-Matti Latvala、フィンランド)が入った。

 ドライバーズポイント首位のセバスチャン・ローブ(Sebastien Loeb、フランス)は5位だった。(c)AFP