トップ > スポーツ > モータースポーツ > WGP

富沢祥也、レース中の事故で死亡 サンマリノGP

2010年9月6日 8:31 発信地:ミサノ/イタリア

このニュースをシェア

富沢祥也、レース中の事故で死亡 サンマリノGP
1/5
世界ロードレース選手権第12戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP・Moto2クラス決勝。転倒し、担架で運ばれるテクノマグ-CIPの富沢祥也。(2010年9月5日撮影)(c)AFP/ANDREAS SOLARO

【9月6日 AFP】(写真追加)世界ロードレース選手権(WGP 2010)に参戦しているテクノマグ-CIP(Technomag-CIP)の富沢祥也(Shoya Tomizawa、日本)が5日、イタリアのミサノ(Misano)で行われた第12戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのMoto2クラス決勝でレース中に事故に遭い、死亡した。

 富沢は転倒し、避けきれなかった後続のアレックス・デ・アンジェリス(Alex de Angelis、サンマリノ)とスコット・リーディング(Scott Redding、英国)にはねられ、40メートル飛ばされた。

 富沢は30キロメートル離れたリッチョーネ(Riccione)市内の病院に搬送されたが、後に死亡が確認された。

 大会主催者によると、富沢は頭部や胸、腹部をけがしていたという。

 大会主催者は、「テクノマグ‐CIPの富沢祥也(19)は5日、Moto2クラスの決勝レースで転倒し、頭部、胸部、腹部を負傷しました。富沢はサーキット近郊のリッチョーネ市内の病院に搬送され、緊急治療を試みたが、14時20分に死亡が確認されました。MotoGPファミリーは、富沢の家族、そして彼の友人たちに心から哀悼の意を表明します」と声明を発表している。

 今季より新設されたMoto2クラスで富沢は、開幕戦のカタールGPで優勝、続く第2戦スペインGPでは2位に入り、好スタートを切ったが、第11戦を終えて82ポイントで総合7位だった。(c)AFP

WGP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>