トップ > ニュース > 戦争・紛争

イラク駐留米軍の任務、撤退後は民間要員倍増で補完 米計画

2010年8月20日 14:55 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

イラク駐留米軍の任務、撤退後は民間要員倍増で補完 米計画
3/6
イラクから撤退しクウェートへ向かう2日間の行程のために給油場に並ぶ米軍第2歩兵師団第4ストライカー旅団戦闘部隊の車両(2010年8月17日撮影、19日米軍提供)。(c)AFP/US ARMY/SGT KIMBERLY JOHNSON
【8月20日 AFP】イラク駐留米軍の撤退に合わせ、米政府は同地で米軍が担っている任務の一部を、民間警備会社の要員を倍増して引き継がせる計画を検討している。米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)の報道内容を、フィリップ・クローリー(Philip Crowly)米国務次官補(広報担当)が19日の会見で認めた。

 バラク・オバマ(Barack Obama)大統領の計画どおり、イラク駐留米軍は19日、最後の戦闘部隊が撤退を完了した。残る約5万6000人も2011年10月までに全面撤退をほぼ完了する。

 クローリー次官補は、これに合わせてイラクで活動する民間警備会社の警備要員を7000人に増員する計画を国務省が検討していると述べ、外交官や開発専門家の安全を確保するためと説明した。

 イラクでは民間要員がすでに米大使館の警備にあたっているが、NY紙は匿名の高官の話として、敵対勢力の攻撃を捕捉するレーダーの運営や、道路脇などの仕掛け爆弾の捜索、無人偵察機の運用なども民間要員の活動に含まれると報じている。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>