トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

「宿敵」トルコ風ヨーグルトに顔写真使われたギリシャ人男性、約2000万円で和解

2010年7月18日 11:35 発信地:ストックホルム/スウェーデン

このニュースをシェア

「宿敵」トルコ風ヨーグルトに顔写真使われたギリシャ人男性、約2000万円で和解
スウェーデン・ストックホルム(Stockholm)で撮影した、ギリシャ人男性の写真が使われたトルコ風ヨーグルトの容器(2010年4月9日撮影)。(c)AFP/OLIVIER MORIN
【7月18日 AFP】スウェーデンの乳業会社が販売したトルコ風ヨーグルトのパッケージに自分の顔写真が無断で使われていたとして、ギリシャ人男性が乳業会社に約500万ユーロ(約5億6000万円)を求めていた問題で、この男性と乳業会社が和解したことが明らかになった。

 スウェーデン中部イェンチェピング(Jonkoping)に本拠を置く乳業会社、リンダール(Lindahl)は14日、すべての関係者の間で合意が成立し、今後はトルコ風ヨーグルトを含む同社の全製品にこのギリシャ人男性の写真を使用できることになったと発表した。

 同社が男性に支払う金額は弁護士費用込みで150万クローナ~200万クローナ(1800万~2400万円)だという。

 男性の弁護士によると、問題の写真が撮影されたとき男性は、祖先がトルコと戦ったときに実際に使った武器を身につけていた。誰かがその写真を撮り、ストック写真会社に無断で販売したのだという。またこの男性の立派なあごひげは20年かけて伸ばしたものだと付け加えた。

 問題発覚当初、乳業会社はこの写真はストック写真会社から正規に購入したもので、何の問題もないと考えていたと話していた。(c)AFP

【関連記事】ギリシャ人男性、スウェーデンの乳業会社を提訴 トルコ風ヨーグルトに顔写真
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>