トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 災害

「暑すぎる?汗だくで働いてないで帰宅しなさい」、ベルリン市部長

2010年7月17日 12:18 発信地:ベルリン/ドイツ

このニュースをシェア

「暑すぎる?汗だくで働いてないで帰宅しなさい」、ベルリン市部長
1/6
ドイツ・ベルリン(Berlin)のマリアンネン広場(Mariannenplatz)でスプリンクラーの放水にあたって涼む女性たち(2010年7月12日撮影)。(c)AFP/DAVID GANNON
【7月17日 AFP】連日のうだるような暑さに国中が打ちのめされているドイツで、ベルリン(Berlin)市役所のある部署の部長が、汗だくで働く260人の部下に帰宅しても良いと許可を出した。地元紙BZが16日伝えた。効率性を重視するドイツらしい判断だ。

 BZ紙によれば、ベルリン市脱税調査局のErik Schliephake部長が、「この暑さの中で働く気力が起きるかどうか、各自で判断してほしい」と電子メールで部下たちに伝えたという。

「倒れる前に判断してほしい。今日休みをとることはほとんどの場合賢明な判断だろう。わたしも十分に理解する」とSchliephake部長は述べ、最後に「汗だくになりながら」と結びの言葉を添えた。

 BZ紙はこの出来事を、「汗かけば家に帰れる」との見出しで一面に掲載した。

 ベルリンはこの数週間、熱波に見舞われており、気温も頻繁に30度を超えている。7月の気温は最高記録を更新する見込みだ。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>