トップ > 環境・科学 > IT

米ブラウザ市場、グーグル・クロームがアップルのサファリ抜く 1位はIE

2010年6月29日 15:27 発信地:サンフランシスコ/米国

このニュースをシェア

米ブラウザ市場、グーグル・クロームがアップルのサファリ抜く 1位はIE
米カリフォルニア(California)州マウンテンビュー(Mountain View)のインターネット検索大手グーグル(Google)本社に掲示された同社ロゴ(2005年6月5日撮影、資料写真)。(c)AFP/Nicholas KAMM
【6月29日 AFP】ウェブサイト・トラッキング調査会社StatCounterが28日発表した統計によると、27日までの1週間の米国のウェブブラウザ・シェアでインターネット検索大手グーグル(Google)の「グーグル・クローム(Google Chrome)」が初めてアップル(Apple)の「サファリ(Safari)」を抜いて3位に躍り出た。

 米ウェブブラウザ市場におけるクロームのシェアは8.97%で、サファリの8.88%をわずかながら上回った。2か月前の調査ではサファリが1.5%ほどクロームを上回っていた。

 1位はマイクロソフト(Microsoft)の「インターネット・エクスプローラー(Internet ExplorerIE)」の52%で、依然として圧倒的優位を誇る。2位はモジラ財団(Mozilla Foundation)のオープンソース・ブラウザ「ファイアフォックス(Firefox)」で28.48%。

 世界規模でもIEが52.78%でトップ。次いでファイアフォックスが約31%で続くが、クロームも9.44%と徐々にシェアを伸ばしている。(c)AFP
IT
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>