トップ > ライフ > ヘルス

女性の体は精子を「選択」、オーストラリア研究

2010年6月25日 10:24 発信地:シドニー/オーストラリア

このニュースをシェア

女性の体は精子を「選択」、オーストラリア研究
イスラエル・テルアビブ(Tel Aviv)で、コンドームの巨大オブジェの前でくつろぐ男女(2010年5月13日撮影)。(c)AFP/JACK GUEZ
【6月25日 AFP】女性の体は、精子を無意識に「選択」し、一部の男性の精子を受け付けて妊娠に至る一方で、あまり適さない精子については妊娠するチャンスを葬り去っている可能性がある。オーストラリア・アデレード大(University of Adelaide)によるこうした研究の結果が23日明らかにされた。

 同大のサラ・ロバートソン(Sarah Robertson)教授によると、これまでの研究から、精子には「信号伝達分子」が含まれていると推定できる。これは、女性の体に入った時、受け入れてもらえるよう体内の免疫システムを変更するというものだ。  

 ところが、健康そうに見えてもこの変更を行えない精子があることから、女性の体内システムは生物学的な交尾相手に関して「好みがうるさい」可能性が浮上してきた。

「言うなれば、2人で踊るダンスのようなものです」と、教授は語る。「オスは、妊娠までこぎつけるチャンスを増やそうと信号を流しますが、メスの体には、それが自分の相性と合うかを判定する品質管理システムが備わっています。信号が十分に強くない、またはメスのシステムが激しく『えり好み』するようであれば、ダンスをうまく踊れないカップルが出てくる可能性があります」

 さらに、女性の体が過去3か月以上「経験していない」男性の精子については、着床しにくい傾向があるという。

 教授は、「カップルに子どもができず、男性の精子も正常である場合、女性に問題があると考えられがちだったが、そういうケースばかりではないということです」と話す。

 今後も研究を続け、不妊治療の向上や流産の治療改善などに役立てたい考えだ。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>