トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

火薬の量を間違った?銀行を丸ごと爆破した強盗団 ドイツ

2010年5月26日 9:28 発信地:ベルリン/ドイツ

このニュースをシェア

火薬の量を間違った?銀行を丸ごと爆破した強盗団 ドイツ
ドイツ北部のマリス(Malliss)村で、爆破された銀行を調べる消防士(2010年5月25日撮影)。(c)AFP
【5月26日 AFP】ドイツ北部シュウェリン(Schwerin)近郊のマリス(Malliss)村で25日、銀行強盗を企んだグループが、犯行に使おうとした火薬の量を間違い、銀行全体を爆破してしまう「失態」を犯した。地元警察が同日、発表した。

 爆発による負傷者はいなかったが、近隣の建物や駐車中の車などが吹き飛んだ破片の被害にあった。

 報道によると、現場付近では炎上する建設作業車が放置されており、強盗団は銀行のATMを爆破するつもりだったとの見方が強まっている。地元警察は、「初動捜査の段階では、現金が奪われた形跡はない」としている。

 この建物には、銀行以外の店舗も入っていた。周辺の道路は数時間にわたって閉鎖された。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>