【5月24日 AFP】全仏オープンテニス2010(French Open 2010)は23日、男子シングルス1回戦が行われ、前年大会で準優勝したロビン・ソデルリング(Robin Soderling、スウェーデン)、地元フランスのジョーウィルフライ・ツォンガ(Jo-Wilfried Tsonga)らが2回戦に進んだ。

 一方、イタリア国際(Internazionali BNL d'Italia 2010)で世界ランキング1位のロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)を破ったエルネスツ・ガルビス(Ernests Gulbis、ラトビア)は、初戦で敗退した。

 ジュリアン・ベネトー(Julien Benneteau、フランス)と対戦したガルビスは、ハムストリングを痛めて途中棄権した。

 27年ぶりのフランス人選手による大会制覇を目指すツォンガは、同89位のダニエル・ブランズ(Daniel Brands、ドイツ)と対戦し、4-6、6-3、6-2、6-7、7-5で辛勝した。2回戦でツォンガは、ジョセリン・ウィアンナ(Josselin Ouanna 、フランス)と対戦する。

 コロンビアのアレハンドロ・ファージャ(Alejandro Falla)は、ヤンコ・ティプサレビッチ(Janko Tipsarevic、セルビア)を6-1、6-2、6-3で下し、2回戦で前年大会の覇者ロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)と対戦することが決まった。

 大会第5シードのソデルリングは、ロラン・レクーデル(Laurent Recouderc、フランス)に6-0、6-2、6-3で勝利している。(c)AFP