マカフィー、定義ファイル更新で障害 PC利用不可能に

2010年04月22日 15:34 発信地:ワシントンD.C./米国 【写真】 【ブログ】
  • 楽天SocialNewsに投稿!

インターネットセキュリティ大手、マカフィー(McAfee)のロゴ(提供日不明)。(c)AFP/MCAFEE

関連写真1/1ページ(全1枚)

  • 黄河上流にブタ死骸170頭超、中国
  • 「変わってる」ことが「異性への魅力」にも、研究
  • 次世代ソーラー飛行機、初の屋外テスト スイス
  • 「空飛ぶ円盤」で火星表面に物資を、NASAが試作機
  • コンゴ国立公園所長が胸撃たれ重傷、待ち伏せ攻撃か
  • 宇宙を泳ぐ青色の「おたまじゃくし」、ハッブル宇宙望遠鏡
  • 遺伝性疾患治療にクローンヤギの乳、特別な酵素含む ブラジル研究
  • 史上最大級のT・レックス化石、米首都の博物館に到着
  • ヒグマの視点で撮影された映像、仏博物館で公開
  • 皆既月食の「赤い月」、米大陸で観測
  • 早すぎる開花に奇妙な花…「宇宙桜」の謎に科学者ら当惑
  • 低血糖だと夫婦は険悪に、米研究
  • 苦情ツイートへの返答にわいせつ画像、USエアウェイズが謝罪
  • 「ハートブリード」バグで150万人情報流出か 英育児サイト
  • 地球温暖化による海水の酸化、魚が生存本能失う可能性 研究
  • 米グーグル、ソーラー無人機メーカーを買収
  • 温暖化防止目標実現には、エネルギー改革が必須 IPCC
  • 米海軍、海水を燃料にする技術を開発
  • 火星、過去の温暖湿潤期は一時的か 米研究
  • パリの動物園、240億円かけ大改修 「人類と動物の共生」に重点
【4月22日 AFP】インターネットセキュリティ大手、マカフィー(McAfee)が21日に配信したコンピューターウイルスの定義ファイルが基本ソフト(OS)Windowsのシステムファイルをウィルスと誤認識してしまい、コンピューターが使えなくなるトラブルが世界各地で起きた。

 マカフィーによると、対象となったのは米マイクロソフト(Microsoft)のOS「ウィンドウズXPサービスパック3(Windows XP Service Pack 3)の法人顧客。全米の大学や病院、企業などで、ウィンドウズのシステムファイルがウィルスと誤認識されて、再起動を繰り返し続ける現象が起きた。

 マカフィーは同日中にこの誤りを修正するファイルをリリースし、顧客にダウンロードするよう呼びかけた。

 コンピューターセキュリティ関連の教育機関、SANSテクノロジー・インスティテュート(SANS Technology Institute)で、コンピューターセキュリティ関連の情報を提供しているインターネットストームセンター(Internet Storm Center)によると、数千台のコンピューターがダウンしたネットワークや、問題を解決するまで業務が出来なくなった組織などから報告があったという。米ミシガン大学(University of Michigan)では医学部などの2万5000台のパソコンのうち8000台がトラブルに見舞われた。

 米半導体大手インテル(Intel)の本社で会議中にトラブルに遭遇したITアナリストのロブ・エンダール(Rob Enderle)氏によると、近くにいた人のノートパソコンが軒並みクラッシュしたという。「インテルのチップとマカフィーのセキュリティソフトを使っている企業の大半がダウンしたのではないだろうか。この種のトラブルはあまり起きるものではないが、ユーザーは簡単には忘れないだろう。マカフィーには打撃になると思う」(エンダール氏)

(c)AFP

本日の必読記事1日2回更新

このニュースの関連情報

このニュースへのリンク

http://www.afpbb.com/articles/-/2720249

トピックス

お知らせ

PRリンク

BPNPR

カテゴリ登録はこちらより