国際ニュース AFPBB News

マカフィー、定義ファイル更新で障害 PC利用不可能に

2010年04月22日 15:34 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

マカフィー、定義ファイル更新で障害 PC利用不可能に ▲ キャプション表示
×インターネットセキュリティ大手、マカフィー(McAfee)のロゴ(提供日不明)。(c)AFP/MCAFEE
写真拡大
【メディア・報道関係・法人の方】写真購入のお問合せはこちら
【4月22日 AFP】インターネットセキュリティ大手、マカフィー(McAfee)が21日に配信したコンピューターウイルスの定義ファイルが基本ソフト(OS)Windowsのシステムファイルをウィルスと誤認識してしまい、コンピューターが使えなくなるトラブルが世界各地で起きた。

 マカフィーによると、対象となったのは米マイクロソフト(Microsoft)のOS「ウィンドウズXPサービスパック3(Windows XP Service Pack 3)の法人顧客。全米の大学や病院、企業などで、ウィンドウズのシステムファイルがウィルスと誤認識されて、再起動を繰り返し続ける現象が起きた。

 マカフィーは同日中にこの誤りを修正するファイルをリリースし、顧客にダウンロードするよう呼びかけた。

 コンピューターセキュリティ関連の教育機関、SANSテクノロジー・インスティテュート(SANS Technology Institute)で、コンピューターセキュリティ関連の情報を提供しているインターネットストームセンター(Internet Storm Center)によると、数千台のコンピューターがダウンしたネットワークや、問題を解決するまで業務が出来なくなった組織などから報告があったという。米ミシガン大学(University of Michigan)では医学部などの2万5000台のパソコンのうち8000台がトラブルに見舞われた。

 米半導体大手インテル(Intel)の本社で会議中にトラブルに遭遇したITアナリストのロブ・エンダール(Rob Enderle)氏によると、近くにいた人のノートパソコンが軒並みクラッシュしたという。「インテルのチップとマカフィーのセキュリティソフトを使っている企業の大半がダウンしたのではないだろうか。この種のトラブルはあまり起きるものではないが、ユーザーは簡単には忘れないだろう。マカフィーには打撃になると思う」(エンダール氏)

(c)AFP

このニュースの関連情報

おすすめ写真特集

トピックス

注目ニュース

国際ニュースランキング

  • アクセス
  • 大画面

    今ネットで話題の記事

    お知らせ

    おすすめコンテンツ