【4月20日 AFP】毎日新聞(Mainichi Shimbun)は20日、金正日(キム・ジョンイル、Kim Jong Il)総書記の三男、ジョンウン(Kim Jong-Un)氏(26)とされる人物の最新写真を掲載した。一方、韓国当局は写真は別人との見方を示している。

 金総書記の後継者と目されるジョンウン氏だとすると、成人してからの写真が公開されたのは初めて。

 毎日新聞によると、写真は3月5日の労働新聞(Rodong Sinmun)に掲載されたもの。側近とともに咸鏡北道(Hamgyong Puk Do)の金策製鉄連合企業所を視察する金総書記の隣りに若い男性が写っている。男性は小柄な金総書記より30センチほど背が高く、暗い色のコートの襟元からは白いシャツと赤いネクタイが見える。労働新聞の写真説明はないが、毎日はこの人物がジョンウン氏だとしている。

 北朝鮮当局は国民に対し、3月5日付の同紙に注目するよう通告していたという。

 一方、ある韓国政府当局者は同国の聯合(Yonhap)ニュースに対し、この人物は、過去にも金総書記の視察に同行したことのある同企業所のキム・クァンナム(Kim Kwang-Nam)氏だと指摘している。(c)AFP