トップ > 環境・科学 > 科学・技術

恐竜300種の足跡が約5000個、ボリビアの白亜紀公園

2010年4月20日 12:26 発信地:スクレ/ボリビア

このニュースをシェア

恐竜300種の足跡が約5000個、ボリビアの白亜紀公園
1/25
南米ボリビアの憲法上の首都スクレ(Sucre)から5キロの場所にある国立公園、白亜紀公園(Parque Cretacico)。地元のケチュア語で「石灰の丘」を意味する「カル・オルコ(Cal Orcko)」と呼ばれるこの公園では、白亜紀末期から第三紀初期ごろに生存した恐竜300種あまりの足跡、約5000個が発見されている。この種の公園としては世界最大級。

写真は、公園内にある恐竜の足跡(2010年3月27日撮影)。(c)AFP/AIZAR RALDES
【4月20日 AFP】南米ボリビアの憲法上の首都スクレ(Sucre)から5キロの場所にある国立公園、白亜紀公園(Parque Cretacico)。地元のケチュア語で「石灰の丘」を意味する「カル・オルコ(Cal Orcko)」と呼ばれるこの公園では、白亜紀末期から第三紀初期ごろに生存した恐竜300種あまりの足跡、約5000個が発見されている。この種の公園としては世界最大級。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>