性交強制で死亡の13歳花嫁、遺族が夫の処刑求める イエメン

2010年04月12日 14:09 発信地:アルアシャ/イエメン

このニュースをシェア

関連写真

性交強制で死亡の13歳花嫁、遺族が夫の処刑求める イエメン ▲ キャプション表示

イエメンの首都サヌア(Sanaa)で、幼い少女の花嫁の写真を掲げる、17歳未満の少女との結…

×イエメンの首都サヌア(Sanaa)で、幼い少女の花嫁の写真を掲げる、17歳未満の少女との結婚を禁じる法案に賛成する集会に参加した女性(2010年3月23日撮影)。(c)AFP/MOHAMED HUWAIS

写真ギャラリーをみる
【メディア・報道関係・法人の方】写真購入のお問合せはこちら
【4月12日 AFP】イエメンで、強制結婚させられた13歳の少女が性交時に裂傷した性器からの出血が原因で結婚から5日目に死亡した事件をめぐり、少女の遺族がAFPの取材に応じ、24歳の夫を死刑にするよう求めた。この事件は、イエメンにおける花嫁の苦境に大きな注目が集まることとなった。

 少女の母親はAFPに対し、「アッラーの法の実行を求める。処罰を求める」と語った。少女の夫は現在も地元警察に拘束されているが、少女に性行為を拒まれたにもかかわらず無理やり性行為に及んだことを認めているという。

 2008年に20歳年上の男性との結婚を強制された8歳の少女の離婚を勝ち取ったShaza Nasser弁護士はAFPに対し、「今回の事件は、法律や国家が、少女たちを幼い時期での結婚から守ることができないということを証明している。われわれが制定を求めている法律に違反した人物への処罰も含めた啓もう活動が必要だ」と語った。

 Nasser弁護士は、少女の家族の訴えをもとに裁判を起こし、夫の処刑を求めていく意向を示した。

 イエメンでは、最低結婚年齢を女性17歳、男性18歳と規定した法律をめぐって激しい議論となっており、法律が議会を通過したにもかかわらず、保守派議員が改正を求めるなどの動きを見せ、実際にはまだ施行されていない。(c)AFP/Hammoud Mounassar

本日の必読記事1日2回更新

このニュースの関連情報

トピックス

注目ニュース

国際ニュースランキング

  • アクセス
  • 大画面

    おすすめコンテンツ


    今ネットで話題の記事

    お知らせ

    PRリンク

    BPNPR

    カテゴリ登録はこちらより