渡り鳥は栄養価の高い果実を知っている、米大研究

2010年03月26日 19:56 発信地:ワシントンD.C./米国 【写真】 【ブログ】
  • 楽天SocialNewsに投稿!

米ワシントンD.C.(Washington D.C.)で、ワシントン記念塔(Washington Monument)の上空を飛ぶガンの群れ。(2007年3月12日撮影)(c)AFP/Getty Images/Win McNamee

関連写真1/1ページ(全1枚)

  • 中国ブロガーに懲役3年、「ネットでデマ流布」初の有罪
  • 中国政府、広範囲にわたる土壌汚染の実態を初公表
  • 3億年前の「陸生草食動物の最古の祖先」の化石を発見、国際研究
  • 地球サイズの惑星を発見、生命居住可能領域で初 NASAなど
  • 黄河上流にブタ死骸170頭超、中国
  • 「変わってる」ことが「異性への魅力」にも、研究
  • 次世代ソーラー飛行機、初の屋外テスト スイス
  • 「空飛ぶ円盤」で火星表面に物資を、NASAが試作機
  • コンゴ国立公園所長が胸撃たれ重傷、待ち伏せ攻撃か
  • 宇宙を泳ぐ青色の「おたまじゃくし」、ハッブル宇宙望遠鏡
  • 遺伝性疾患治療にクローンヤギの乳、特別な酵素含む ブラジル研究
  • 史上最大級のT・レックス化石、米首都の博物館に到着
  • ヒグマの視点で撮影された映像、仏博物館で公開
  • 皆既月食の「赤い月」、米大陸で観測
  • 早すぎる開花に奇妙な花…「宇宙桜」の謎に科学者ら当惑
  • 低血糖だと夫婦は険悪に、米研究
  • 苦情ツイートへの返答にわいせつ画像、USエアウェイズが謝罪
  • 「ハートブリード」バグで150万人情報流出か 英育児サイト
  • 地球温暖化による海水の酸化、魚が生存本能失う可能性 研究
  • 米グーグル、ソーラー無人機メーカーを買収
【3月26日 AFP】渡り鳥は毎年、冬に備えて南方へ飛び立つ前に、抗酸化物質を多く含む高栄養な果実を選んで大量に摂取しているとした研究結果が、米サンフランシスコ(San Francisco)で24日に開かれた米国化学会(American Chemical Society)の会議で発表された。

 米ロードアイランド大学(University of Rhode Island)のナビンドラ・セーラム(Navindra Seeram)氏率いる研究チームは、大西洋を横断する渡り鳥の重要な中継地となっているブロック島(Block Island)とロード島(Rhode Island)で、アローウッド、モチノキ、ヤマモモなど、渡り鳥が摂取する果実12種類のサンプルを収集。果実が最も熟した状態で抗酸化物質と植物色素の濃度を測定した。

 その結果、渡り鳥がよく好むアローウッドで、抗酸化物質と植物色素の濃度が最も高いことが分かった。研究対象となった他の果実と比較して、アローウッドは抗酸化物質が平均で150%増、植物色素は650%も多かった。

 さらに、1日で自分の体重の3倍もの果実を消費する渡り鳥がいることも分かった。これは人間に例えると、150キロもの食料を摂取している計算だ。

 セーラム氏は、人間の健康維持にも欠かせない栄養素である抗酸化物質を多く含む果実を選んで摂取することで、渡り鳥は過酷な長距離移動に耐えうる体力をつけていると指摘している。

 また、渡り鳥が摂取する果実にとっても、種子が遠方まで運ばれるという利点があることから、渡り鳥と果実は相互依存関係にあるのだという。(c)AFP

本日の必読記事1日2回更新

このニュースの関連情報

このニュースへのリンク

http://www.afpbb.com/articles/-/2713844

トピックス

お知らせ

PRリンク

BPNPR

カテゴリ登録はこちらより