トップ > 環境・科学 > IT

サイバー攻撃、 マイクロソフト「IEのぜい弱性悪用された」

2010年1月15日 16:33 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

サイバー攻撃、 マイクロソフト「IEのぜい弱性悪用された」
1/4
香港のグーグル(Google)オフィスを訪れるグーグルの支持者(2010年1月14日撮影)。(c)AFP/MIKE CLARKE
【1月15日 AFP】米マイクロソフト(Microsoft)は14日、米グーグル(Google)が中国事業からの撤退を検討する一因となった同サイトに対するサイバー攻撃について、マイクロソフトのウェブブラウザ、インターネット・エクスプローラー(Internet ExplorerIE)のセキュリティー面のぜい弱性が悪用されたと発表した。

 一方、米ウェブセキュリティー会社マカフィー(MaAfee)は、グーグルを含む複数の企業へのサイバー攻撃は高度に洗練されており、国家が背景にある可能性が高いと指摘している。

 これまで知られていなかったIEのぜい弱性を悪用したサイバー攻撃のターゲットになったことが明らかになっているのは、グーグルのほかではアドビ(Adobe)のみ。

 マイクロソフトのセキュリティー対策センター(Security Response Center)のディレクター、マイク・リービー(Mike Reavey)氏は14日のブログで、「IEがグーグルその他の企業のネットワークに対する(サイバー)攻撃の一媒介として使われた」とした上で、攻撃は標的を定めたもので、拡大している様子はないと強調した。また、ブラウザのセキュリティー設定を「高」に設定すれば、このぜい弱性は解消できるという。

 マイクロソフトのスティーブ・バルマー(Steve Ballmer)最高経営責任者(CEO)は、同社はサイバー攻撃を「深刻に」受け止めているとした一方で、中国からの撤退については否定した。(c)AFP/Chris Lefkow
IT
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>