香港金1オンス=1121ドル、ドル安で高騰続く

2009年11月12日 13:37 発信地:香港

このニュースをシェア

香港金1オンス=1121ドル、ドル安で高騰続く ▲ キャプション表示

×インド・ムンバイ(Mumbai)の金精錬所で、地金を見せる作業員(2009年11月6日撮影)。(c)AFP/Indranil MUKHERJEE

写真拡大
【メディア・報道関係・法人の方】写真購入のお問合せはこちら
【11月12日 AFP】12日の香港(Hong Kong)の金相場は、ドル安が進み金の需要が高まったことから、取引開始直後に1オンス=1120~1121ドルの過去最高値を更新した。

 金価格は6日、インドに加えスリランカも米ドルの代わりに金を購入したとの報道を受けて1100ドルを初めて突破した。

 英銀大手HSBCの豪シドニー(Sydney)支店のアナリスト、ジェームズ・スティール(James Steel)氏は、米ドル建てで資金を借りて他の資産を購入する「リスクトレード」が活発化しており、ドルの動きによって金価格は今後も上昇するとの見通しを示している。(c)AFP

本日の必読記事1日2回更新

このニュースの関連情報

おすすめ写真特集

トピックス

注目ニュース

国際ニュースランキング

  • アクセス
  • 大画面

    今ネットで話題の記事

    お知らせ

    BPNPR


    BPNディレクトリは2014年8月31日を持ちましてサービスを終了いたします。長らくのご愛顧ありがとうございました。

    カテゴリ登録はこちらより

    おすすめコンテンツ