トップ > ライフ > ライフ

オバマ大統領のノーベル賞は「世界の訴え」、U2のボノ氏が擁護

2009年10月19日 15:41 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

オバマ大統領のノーベル賞は「世界の訴え」、U2のボノ氏が擁護
米ニューヨーク(New York)で、ビル・クリントン(Bill Clinton)元米大統領が主催するクリントン・グローバル・イニシアチブ(Clinton Global Initiative)に出席した人気ロックバンドU2のボノ(Bono)氏(2008年9月24日撮影)。(c)AFP/Stan HONDA
【10月19日 AFP】アイルランドの人気ロックバンドU2のボーカリストで人権活動家としても活躍するボノ(Bono)氏は18日、バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領について、米国のイメージを再生し、逼迫(ひっぱく)する地球上の問題に立ち向かう牽引力となっている点で、ノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)の受賞にふさわしいと述べた。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)の日曜版の論説面でボノ氏は、オバマ大統領が「われわれの時代における極度の貧困の撲滅に貢献」し、「核拡散や気候変動の問題に立ち向かい、中東との関係を改善し、国内では雇用創出や医療保険改革に取り組んでいる」と称賛。米国のイメージを、希望、前向き、行動といったものへと「再生」した中心人物だと評価した。

「あえて言おう、地球上の最果ての地でさえ、人びとがラジオで聞きたいと切望したのは、ポップソングよりも(オバマ)大統領のメッセージだった。それが生命線なのだ」

「世界は今日、地球上のわれわれが直面する3大危機、極度の貧困、極端な思想、極端な気候変動の解決のカギを米国が握っている可能性を見ている。世界の支持を回復した米国こそが、新たな外交方針のモデルでこれらを打倒するのにふさわしいのではないかと感じている」

 また、時期尚早などと批判する声が高いオバマ氏のノーベル平和賞受賞についても、AIDSや結核、マラリア撲滅のための世界基金を立ち上げ、先進国で活動を続けるボノ氏は異なる見解を呈した。

「オバマ大統領は、受賞は行動を促すものと認識していると語った。貧困の撲滅においてはまさに、意志ではなく行動が重要だ」

「ノーベル平和賞は、(オバマ氏が先導する)『気運を台無しにするな』との世界の訴えなのだ」

(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>