土星の巨大な輪を発見、太陽系最大 NASA

2009年10月08日 15:49 発信地:米国 【写真】 【ブログ】
  • 楽天SocialNewsに投稿!

米航空宇宙局(NASA)のスピッツァー宇宙望遠鏡(Spitzer Space Telescope)が発見した土星を囲む太陽系最大の輪のイメージ画像(NASA公開)。(c)AFP/NASA/JPL-Caltech

関連写真1/1ページ(全2枚)

  • 土星の巨大な輪を発見、太陽系最大 NASA
  • 「空飛ぶ円盤」で火星表面に物資を、NASAが試作機
  • コンゴ国立公園所長が胸撃たれ重傷、待ち伏せ攻撃か
  • 宇宙を泳ぐ青色の「おたまじゃくし」、ハッブル宇宙望遠鏡
  • 遺伝性疾患治療にクローンヤギの乳、特別な酵素含む ブラジル研究
  • 史上最大級のT・レックス化石、米首都の博物館に到着
  • ヒグマの視点で撮影された映像、仏博物館で公開
  • 皆既月食の「赤い月」、米大陸で観測
  • 早すぎる開花に奇妙な花…「宇宙桜」の謎に科学者ら当惑
  • 低血糖だと夫婦は険悪に、米研究
  • 苦情ツイートへの返答にわいせつ画像、USエアウェイズが謝罪
  • 「ハートブリード」バグで150万人情報流出か 英育児サイト
  • 地球温暖化による海水の酸化、魚が生存本能失う可能性 研究
  • 米グーグル、ソーラー無人機メーカーを買収
  • 温暖化防止目標実現には、エネルギー改革が必須 IPCC
  • 米海軍、海水を燃料にする技術を開発
  • 火星、過去の温暖湿潤期は一時的か 米研究
【10月8日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は7日、土星を囲む太陽系最大の輪を発見したとの論文を、英科学誌「ネイチャー(Nature)」に発表した。土星の衛星「フェーベ(Phoebe)」が放出したちりや氷によって生じたとみられるという。

 米バージニア大学(University of Virginia)の天文学者らからなるNASAの研究チームは2月、スピッツァー宇宙望遠鏡(Spitzer Space Telescope)を使ってフェーベ付近を観測し、この巨大な輪を発見した。フェーベは直径わずか214キロで、土星の衛星としては最も外側にある。

 これまで太陽系最大の輪は、太陽系最大の惑星である木星の「ゴサマー環」や土星の「Eリング」とされていた。今回発見されたフェーベの輪はこれら2つの輪に比べてはるかに密度が薄く、惑星間の残がい物や粒子がフェーベに衝突した際に削り取った岩石のちりなどによって構成されているとみられる。

 チームは「もし輪を見ることができたら、満月2つ分の幅になるだろう」とコメントしている。

 今回発見された輪によって、土星の衛星「イアペトス(Iapetus)」に関する謎も解明される可能性があるという。イアペトスは明るい部分と暗い部分に表面がはっきり分かれているが、研究チームは新たに発見された輪のちりがイアペトスにらせん状に降下し、イアペトスの片面を厚さ数メートルにわたって覆っているのではないかと考えている。(c)AFP

本日の必読記事1日2回更新

このニュースの関連情報

このニュースへのリンク

http://www.afpbb.com/articles/-/2650686

トピックス

お知らせ

PRリンク

BPNPR

カテゴリ登録はこちらより