トップ > スポーツ > スポーツ その他 > 陸上

マサイが女子1万メートルを制す 中村は7位、世界陸上ベルリン大会

2009年8月16日 10:28 発信地:ベルリン/ドイツ

このニュースをシェア

マサイが女子1万メートルを制す 中村は7位、世界陸上ベルリン大会
1/12
第12回世界陸上ベルリン大会。女子10000メートル決勝に臨むケニアのリネト・チェプケモイ・マサイ(右)。(2009年8月15日撮影)(c)AFP/OLIVIER MORIN
【8月16日 AFP】(17日写真追加)第12回世界陸上ベルリン大会(12th IAAF World Championships in Athletics Berlin)女子10000メートル決勝。リネト・チェプケモイ・マサイ(Linet Chepkwemoi Masai、ケニア)が、30分51秒24で優勝した。同種目でのケニア勢の優勝は、1997年アテネ大会のサリー・バルソシオ(Sally Barsosio)以来、6大会ぶり。

 マサイが最後の直線でエチオピアのメセレク・メルカム(Meselech Melkamu)とウデ・アヤレウ(Wude Ayalew)を振り切って優勝し、エチオピア勢の同種目での連勝記録が途切れた。前回大会の覇者ティルネシュ・ディババ(Tirunesh Dibaba)は欠場していた。

 4位にはグレース・モマニー(Grace Momanyi、ケニア)、5位にはメセレット・デファー(Meseret Defar、エチオピア)が入った。

 日本勢は中村友梨香(Yurika Nakamura)が31分14秒39で7位、福士加代子(Kayoko Fukushi)が31分23秒49で9位、佐伯由香里(Yukari Sahaku)は33分41秒17で20位だった。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>