【8月14日 AFP】故マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)さんが初めてムーンウォークを披露した時にはめていた手袋が11月にオークションにかけられる。

 競売会社ジュリアンズ(Julien's)の主催で、11月21日に米ニューヨーク(New York)タイムズ・スクエア(Times Square)のハードロックカフェ(Hard Rock Cafe)で開催される。予想落札価格は4-6万ドル(約380-570万円)とみられている。

 この片手袋は1983年に開かれたモータウン(Motown)25周年記念コンサートで、ジャクソンさんが「ビリージーン(Billie Jean)」のパフォーマンスを行った際に着用した衣装の1つ。「韓国製」のラベルがついており、元々はごく普通のゴルフ用革手袋だった。ジャクソンさんはよく、手作りのクリスタルがちりばめられた片手袋を右手にはめていた。だが、この手袋は他のものとは違い左手用で、ラインストーン(模造ダイヤモンド)で飾られている。

 手袋の所有者であるウォルター・オレンジ( Walter Orange)さんは、ソウル・ファンクグループ「コモドアーズ(Commodores)」のメンバーの1人。ジャクソンさんからこの手袋をモータウンの記念コンサートの際に贈られた。コンサートの晩、ウォルターさんがジャクソンさんにサインを頼むと、代わりに手袋をくれたのだという。

「あのコンサートでマイケルがビリー・ジーンのソロパフォーマンスを行った時に、世界で初めてムーンウォークが披露された。あの夜の出来事は今や伝説だ。マイケルは一躍スターダムに躍り出て、音楽とダンスの認識を一変させたんだ」とウォルターさんは話した。(c)AFP