トップ > ニュース > 経済

コカ・コーラ ゼロ、ベネズエラで回収 「健康に害」と政府指摘

2009年6月13日 9:40 発信地:カラカス/ベネズエラ

このニュースをシェア

コカ・コーラ ゼロ、ベネズエラで回収 「健康に害」と政府指摘
1/2
ベネズエラの首都カラカス(Caracas)にあるスーパーに並ぶコカコーラ ゼロ(Coca-Cola Zero、2009年6月11日撮影)。(c)AFP/Juan BARRETO
【6月13日 AFP】米飲料大手コカ・コーラ(Coca-Cola)は11日、ベネズエラ保健省の命令により糖分を含まない清涼飲料「コカ・コーラ ゼロ(Coke Zero)」を回収した。同社と現地ボトラーのフェムサ(Femsa)は製品の安全性を主張している。

 ベネズエラ国営通信(ABN)によると、ヘスス・マンティジャ(Jesus Mantilla)保健・社会開発相は10日、「製品は人体に害をおよぼす成分が含まれており、国民の健康を守るため市場から排除しなければならない」と述べた。

 コカ・コーラ ゼロはベネズエラで発売が開始されてから数か月しか経っていなかった。

 コカ・コーラとフェムサは11日、「コカ・コーラ ゼロは健康に害を及ぼす成分を含んでいないと宣言する」との声明を現地メディアに掲載した。

 コカ・コーラは、商品はベネズエラのあらゆる基準を満たしているが、政府の成分調査の結果が出るまで生産を中止するとしている。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>