トップ > ニュース > 政治

ネパール毛派首相が辞任、参謀長解任めぐり政権崩壊

2009年5月4日 23:11 発信地:カトマンズ/ネパール

このニュースをシェア

ネパール毛派首相が辞任、参謀長解任めぐり政権崩壊
1/5
ネパールの首都カトマンズ(Kathmandu)の大統領執務室で辞任を発表するプスハ・カマル・ダハル(Pushpa Kamal Dahal、別名プラチャンダ、Prachanda)首相(2009年5月4日撮影)。(c)AFP/PRADEEP SHRESTHA
【5月4日 AFP】ネパールで08年の王政廃止後、制憲議会選挙を経て誕生したネパール共産党毛沢東主義派(毛派)政権のプスハ・カマル・ダハル(Pushpa Kamal Dahal、別名プラチャンダ、Prachanda)首相が4日、就任からわずか8か月で辞任を表明した。

 毛派が反政府武装闘争を終結した06年の包括和平協定では、元毛派戦闘員1万9000人を政府軍に編入することが定められたが、これを拒否した陸軍参謀長のカタワル(Rookmangud Katawal)将軍を3日、毛派政権は解任した。

 しかし、これに対して4日、第2党の野党ネパール会議派(Nepali CongressNCP)のラム・バラン・ヤダブ(Ram Baran Yadav)大統領が、同参謀長に現職にとどまるよう命じた。ネパール軍は伝統的にエリートたちで固められ、王政時代の名残となっている。

 辞任の決断に至ったプラチャンダ首相は「大統領の行動は、まだ生まれて間もない民主主義と和平プロセスに対する攻撃だ。暫定憲法は大統領に並行した権力をもって振る舞ういかなる権限も認めていない。文民統制に関する問題だ」と強く抗議を表明した。

 元反政府勢力である毛派と軍トップの確執から、ネパール政局が危機的状況に陥る展開が懸念される。(c)AFP/Deepesh Shrestha
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>