トップ > ライフ > ライフ

インドの急進派グループ、「バレンタインデーを祝う者は攻撃する」と警告

2009年2月5日 3:07 発信地:ニューデリー/インド

このニュースをシェア

インドの急進派グループ、「バレンタインデーを祝う者は攻撃する」と警告
インド・コルカタ(Kolkata)でのバレンタインデー抗議デモで、グリーティングカードを燃やすインド右派「Hindu Shiv Sena」の活動家ら(2008年2月14日撮影)。(c)AFP/Deshakalyan CHOWDHURY
【2月5日 AFP】インド・ヒンズー教徒の急進派グループ「Sri Ram Sena」は、道徳向上キャンペーンの一環として、来る14日にバレンタインデー(Valentine's Day)を祝うカップルは例外なく襲撃すると警告している。3日のタイムズ・オブ・インディア(Times of India)紙が報じた。

同団体の活動家らは前月末、南部マンガロール(Mangalore)のバーに押し入り、「ふらちに振る舞っている」として複数の女性客に暴力を振るった。

 彼らが現在目を光らせているのは、14日のバレンタインデーだ。同団体は、バレンタインデーを祝う行為は「反インド的」であり品行不良を招く結果にもなると警告している。同紙に対し、団体創始者のプラモド・ムタリク(Pramod Mutalik)氏は「バレンタインデーのいかなる祝福をもわれわれは容認しない」と語り、ある幹部は「われわれは警告を無視した者を必ず攻撃する」と断言した。

 同団体は「インド文化の守護者」を掲げており、女性の品行、異教徒間の恋愛、改宗、「西洋化」と認められる事柄などを攻撃の対象にしている。また、今回バーで攻撃した女性たちを「正しい道に戻す必要があった」と主張している。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>