トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

酸入りタンクで死体300人分を遺棄、メキシコの殺し屋

2009年1月26日 18:54 発信地:ティファナ/メキシコ

このニュースをシェア

酸入りタンクで死体300人分を遺棄、メキシコの殺し屋
1/4
300人の死体を遺棄したとして逮捕され、連邦警察官に付き添われてメキシコ市(Mexico City)で報道陣の前に姿を現した、自称「スープメーカー」、サンティアゴ・メサ・ロペス(Santiago Meza Lopez)容疑者(2009年1月25日撮影)。(c)AFP/Alfredo ESTRELLA
【1月26日 AFP】メキシコで自称「スープメーカー」を名乗る殺し屋が、麻薬カルテルの依頼で過去10年の間に、殺害された犠牲者の遺体約300人分を酸を満たしたタンクに遺棄していたことが発覚した。

 軍に拘束されたサンティアゴ・メサ・ロペス(Santiago Meza Lopez)容疑者(45)本人が23日、報道陣を前に「過去9年から10年の間に彼ら(カルテル)は、約300人の死体を持ち込んだ」と語った。

 ロペス容疑者はこの「仕事」の見返りとして、麻薬カルテルのボス、エドゥアルド・ガルシア・シメンタル(Eduardo Garcia Simental)容疑者から週給600ドル(約5万4000円)を受け取っていたと言う。シメンタル容疑者は米連邦捜査局(FBI)の重要指名手配犯だったが、米国との国境にあるティファナ(Tijuana)で、ロペス容疑者が逮捕された前日22日に逮捕された。

 ロペス容疑者は会見で「犠牲者の家族に許しを乞いたい」と悔恨も口にした。(c)AFP/Mira Oberman
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>