トップ > ファッション

金融危機、伊ファッション産業にもかげり

2009年1月5日 21:25 発信地:ミラノ/イタリア

このニュースをシェア

金融危機、伊ファッション産業にもかげり
1/2
イタリア・ローマ市内のブティックウィンドウにセールのステッカーを貼る従業員(2009年1月2日撮影)。(c)AFP/FILIPPO MONTEFORTE
【1月5日 AFP】世界的な金融不安がファッション界にも影響を及ぼし始めた今、ミラノのハイファッション・ストリートもセール戦略に力を入れている。ミラノのモンテナポレオーネ(Montenapoleone)通りの高級ファッションブティックは大幅な値下げを断行した。

 しかし、クリスマス期間の売り上げは20%の落ち込み。地元消費者団体は今年1月の売り上げを前年比30%と予測した。伊繊維・ファッション業界へ経済危機がもたらす影響を受け、繊維製品業者とファッション連盟は連名で政府に支援を呼びかけている。

 伊バッグ&シューズブランド「フルラ(Furla)」のパオロ・フォンタネッリ(Paolo Fontanelli)CEOは「大手高級ブランドでも、良心的な価格のものを売り出し始めている。それは人々が何を求めているのかを明確に示しているのではないだろうか」と語る。現在世界に約300店舗を展開するフルラにとっても今回の金融危機は深刻だ。

 「07年の6月に発表したビジネスプランを改正する必要がある。他社のように、我々も2つのアプローチ法を考えている。ひとつは現実的で悲観的なプラン。そしもうひとつ、少し楽観的にいくプランだ。投資はまだ凍結されていないし、その問題については既に対応済み。新店舗オープンなどについては多少慎重になるだろう。しかしこの状況は悪いことばかりではない。なぜなら私たちは、金融危機のおかげで安くて良いスポットを見つけることができたのだから」とフォンタネッリCEO。

 ロシアのリテーラーコンサルタントは 「ロシアのバイヤーたちが突然オーダーを打ち切った。通常彼らはは前金を現金で支払っていたので、企業側はそれを元手に次シーズン製品を作成するというサイクルで回っていた。しかしオーダーがない今では、全てがお手上げ状態だ」と説明する。

 その打撃を受けた伊ニットウェアブランド「Lineapiu」は、08年12月に破産を申請。「ジャンフランコ・フェレ(Gianfranco Ferre)」と「マーロ(Malo)」は中国企業とパートナーシップを結ぶ交渉を進めているという。

 ボッコーニ(Bocconi)大学のEnrica Corbelliniは「ヨーロッパの消費者は現在“静止状態”にある。だから“環境保護”や“道徳的”といった付加価値を強調し商品像を革新することがとても重要になってくる」とコメントした。(c)AFP

 
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ファッション 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>