トップ > 五輪 > 北京五輪 > 北京五輪一般ニュース

北京五輪の開幕に合わせアジア各地で中国に抗議

2008年8月8日 22:35 発信地:カトマンズ/ネパール

このニュースをシェア

北京五輪の開幕に合わせアジア各地で中国に抗議
1/7
インドの首都ニューデリー(New Delhi)での抗議集会で、反中国政府・反北京五輪スローガンを叫ぶ亡命チベット人ら(2008年8月8日撮影)。(c)AFP/RAVEENDRAN
【8月8日 AFP】北京五輪が開幕式が8日夜、華々しく幕を開ける一方、アジア各地で散発的ながら、依然として中国に対する抗議運動がみられた。

 ネパールのカトマンズ(Kathmandu)では、「恥を知れ、胡錦涛(Hu Jintao)!」などと叫びながら中国のチベット統治に対する抗議活動を行っていた亡命チベット人や僧侶ら1100人あまりが身柄を拘束された。チベット人らはネパール警察に連行されながらも、「チベットはチベット人のものだ」と叫んでいたという。

 また、タイのバンコク(Bangkok)では、ミャンマー大使館前で、60人あまりが中国当局によるミャンマー軍事政権支援をやめるよう訴えた。

 一方、中国国内でも、当局の厳しい電波管制の隙を突いて、国際人権団体「国境なき記者団(Reporters Without Borders)」が一時的に電波ジャックを試み、言論の自由を訴えた。「国境なき記者団」によると、電波ジャックによる抗議活動はこれが初めてだという。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

五輪 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>