トップ > 環境・科学 > IT

電話でお手軽音声翻訳、米JAJAHが新サービス開始

2008年8月10日 20:45 発信地:ラスベガス/米国

このニュースをシェア

電話でお手軽音声翻訳、米JAJAHが新サービス開始
中国・北京(Beijing)で、北京五輪のポスターの前で携帯電話を使用する男性(2008年7月7日撮影)。(c)AFP/Peter PARKS
【8月10日 AFP】今夏、北京五輪を訪れた英語を話す旅行者と現地の中国人は、携帯電話で会話を音声翻訳してコミュニケーションをとることができる。次世代IPコミュニケーションの活用を目指す電話会社、米JAJAHは7日、世界初となる通話を介した無料翻訳サービス「JAJAH Babel」を開始した。

 このサービスは、五輪開催に合わせて開始される。英語話者の旅行者が中国の人々とスムーズにコミュニケーションがとれるようにするためだ。

 JAJAHの共同設立者、Daniel Mattes氏は、「言葉の壁を取り除き、今夏、中国を旅行する人々に価値あるサービスを提供する」と意気込みを語った。同社は、どの電話、どのネットワークからでも利用できる、高品質・低コストの通話で、世界的コミュニケーションにおける障壁を取り除くことを目指して設立されたという。

 JAJAHは、米IBMの研究者と共同で、北京語(標準中国語)話者と英語話者との会話を自動翻訳できる携帯電話サービスの開発を行ってきた。

 中国国内の人々は、市内番号への通話で自動翻訳のソフトウエアにアクセスできる。つながると、話したことをもう一方の言語に置き換えてくれる仕組みだ。アクセス番号はほかにもオーストラリア、英国、米国にも設置される。

 同社は、「会話集もジェスチャーももういらない。ダイヤルするだけで、英語で話したメッセージが中国語に翻訳される」と自信をのぞかせた。

 同社は、今後数か月で、ほかの言語の翻訳サービスも開始する。(c)AFP
IT
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>