トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事故

音楽イベントでのレーザー光線で視力に異常、失明の可能性も ロシア

2008年7月16日 6:09 発信地:モスクワ/ロシア

このニュースをシェア

音楽イベントでのレーザー光線で視力に異常、失明の可能性も ロシア
エジプト・カイロ(Cairo)郊外のギザ(Giza)のピラミッドで行われた新年を祝うイベントで、空に向けて照射されるレーザー光線(2000年1月1日撮影。本文とは関係ありません)。(c)AFP/MARWAN NAAMANI
【7月16日 AFP】ロシア・モスクワ(Moscow)郊外ウラジーミル(Vladimir)で前週に行われたダンス音楽イベントで、レーザー光線を浴びた若者30人以上が目に異常を訴え、病院に搬送される騒ぎとなった。医師によると失明する恐れもあるという。同国のコメルサント(Kommersant)紙が14日、報じた。

 同紙は医師らの話として、病院に搬送された16歳から30歳までの30人以上のイベント参加者は、全員が網膜損傷という同じ症状だったことを明らかにした。また、ある医師は「全員が網膜にやけどや傷を負っている。視力の80%も失っている患者もおり、回復は不可能だろう」と語った。

 病院で手当を受けている参加者は、夜空に向けて照射されるレーザー光線が参加者らに向けられたところ、視力に異常を感じたという。参加者の1人は当時の様子を「太陽を見たときのような黒い点が目の中に出てきた」と語った。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>