トップ > ライフ > ライフ

フィレンツェの大聖堂に落書きした女子学生、現地で謝罪

2008年7月10日 9:49 発信地:フィレンツェ/イタリア

このニュースをシェア

フィレンツェの大聖堂に落書きした女子学生、現地で謝罪
イタリア・フィレンツェ(Florence)にある、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂前の広場(2005年10月26日撮影)。(c)AFP/CARLO BARONCINI
【7月10日 AFP】イタリア・フィレンツェ(Florence)の「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」の壁に落書きをした岐阜市立女子短大の学生(19)が9日、松田之利(Yukitoshi Matsuda)学長に伴われ、自費で同市を訪れ謝罪した。イタリアのメディアが同日報じた。

 報道によれば、女子学生は600ユーロ(約10万円)を差し出したという。

 大聖堂のアンナ・ミトラーノ(Anna Mitrano)館長は「謝罪とお金を丁重に受け入れる」と語った。またミトラーノ館長は、フィレンツェと岐阜が姉妹都市の提携を結んでから本年で30年となることにも言及した。

 問題となった落書きは、同学生らが本年2月に書いたもので、その場面が映像に記録されていた。日本人旅行者による落書き問題は、この数か月で複数発生している。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>