トップ > 環境・科学 > 環境

欧州初のCO2地下貯留施設、稼働開始

2008年7月1日 14:49 発信地:ベルリン/ドイツ

このニュースをシェア

欧州初のCO2地下貯留施設、稼働開始
1/5
ドイツ東部のケッツィン(Ketzin)で稼働した二酸化炭素の地下貯留施設(2008年6月30日撮影)。(c)AFP/DDP/MICHAEL URBAN
【7月1日 AFP】ドイツにある欧州初の二酸化炭素(CO2)地下貯留施設が30日、稼働を開始した。ポツダム地球科学センター(GFZ)が明らかにした。

 ベルリン(Berlin)郊外のケッツィン(Ketzin)にある同施設は、CO2を地中に貯留する方法が地球温暖化対策として有効かを探る、欧州のCO2SINKプロジェクトの一環として建設された。

 今後2年間で、地下600メートルに埋められた塩水を含んだ多孔質の岩石中に、温室効果ガスを1日あたり100トン、計6万トンを注入する。100トンという数字は、車60台の年間合計排出量に匹敵するという。

 ポツダム地球科学センターのReinhard Huettl氏は、CO2を地下に貯留すると地球温暖化が減速され、代替エネルギーを開発するまでの時間が稼げると主張する。

 この手法に対し、国際環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)は、毒性の強いガスが漏れる危険性があると指摘している。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>