トップ > 五輪 > 北京五輪 > 北京五輪一般ニュース

中国が五輪警備強化、メーン会場近くにミサイル配備

2008年6月25日 19:42 発信地:北京/中国

このニュースをシェア

中国が五輪警備強化、メーン会場近くにミサイル配備
1/4
中国・北京(Beijing)のオリンピック公園(Olympic Green)近くの軍用地に配備された地対空ミサイル発射台(2008年6月25日撮影)。(c)AFP/Peter PARKS
【6月25日 AFP】中国当局は北京五輪のメーン会場となる北京(Beijing)市内の国家体育場(National Stadium)近くに、地対空ミサイル発射台を配備した。上空からのテロ攻撃への対応策とみられる。

 現地AFP記者によると25日、北京市の北部、国家体育場から南に1キロほどのオリンピック公園(Olympic Green)近くの軍用地に、地対空ミサイル発射台が1組、カモフラージュネット(偽装網)に覆われ配備されているのが確認された。

 軍用地は、高さ2メートルを超す警備フェンスで囲まれ、レーダー装置も配備されていた。また、ミサイルの照準は、国家体育場のある北方向に合わせられていたという。

「鳥の巣(Bird's Nest)」の愛称を持つ国家体育場では、8月8-24日の五輪開催期間中、開会式と閉会式など重要なイベントが行われる。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

五輪 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>