トップ > ライフ > 文化・芸術

ナチスに迫害された同性愛者の慰霊碑、ベルリンで公開

2008年6月2日 15:06 発信地:ベルリン/ドイツ

このニュースをシェア

ナチスに迫害された同性愛者の慰霊碑、ベルリンで公開
1/5
ドイツ・ベルリン(Berlin)市内に建てられた、ナチス(Nazi)に迫害・殺害された同性愛者の慰霊碑(2008年5月26日撮影)。(c)AFP/MICHAEL GOTTSCHALK
【6月1日 AFP】ドイツ・ベルリン(Berlin)市内のブランデンブルク門(Brandenburg Gate)付近に建てられた、戦時中に迫害を受け殺害された同性愛者らを慰霊する記念碑が、5月27日、正式に公開された。

 1933-45年のナチス(Nazi)政権時代、同性愛者数千人が拷問され殺害されたといわれる。記念碑のデザインを手掛けたのは、ノルウェー人のIngar Dragsetとデンマーク人Michael Elmgreen氏。制作費45万ユーロ(約7400万円)を投じてホロコースト記念碑のそばに建造された。記念碑の内部には、キスをする2人の男性がテレビスクリーンに映し出されている。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>