【5月18日 AFP】英王室のヘンリー王子(Prince Henry、23)の乗るスポーツカーに随行していた警備の警察車両が、一般車を背後から煽ったとして、運転手から苦情を受けた捜査当局が調査をしていることが明らかになった。18日の大衆日曜紙メール・オン・サンデー(Mail on Sunday)が報じた。

 警察に苦情を訴えたティム・ウィリアムズ(Tim Williams)さん(33)は10日、首都ロンドン(London)の高速道路で車を運転していたところ、時速160キロ以上で走行するアウディ(Audi)R8型スポーツカーに追い越された。ウィリアムズさんは、追い越されざまに助手席に乗るヘンリー王子を目撃したという。

 この直後に追い越し車線に車線変更をしたウィリアムズさんは、背後から高速で迫るレンジローバー(Range Rover)を発見。レンジローバーはヘッドライトを点灯し、車体の上には警察車両の青いサイレン灯が確認された。

 交通量が多かったことで走行車線への車線変更が不可能だったため、ウィリアムズさんはこの後、この警察車両によって背後から煽られたうえ、時速160キロ前後での走行を余儀なくされたという。

 英国では王室の主要人物に警察の警備が随行する。英国の高速道路の制限速度は時速約113キロ(70マイル)。

 その日、ヘンリー王子はこれまでしばしば写真撮影されたことのあるロンドンのナイトクラブ、「Boujis」で一夜を過ごしたとされる。(c)AFP