【5月18日 AFP】米コーヒーチェーン大手スターバックス(Starbucks)がこのほど発表した新しいロゴマークに対し、カリフォルニア(California)州サンディエゴ(San Diego)を拠点とするキリスト教系団体「The Resistance」は裸の女性が両足を「売春婦のように開いている」などと非難し、不買運動を呼び掛けている。スターバックス側はこの見解を否定している。

 この新しいロゴは16世紀スカンジナビアの木彫にある2尾の人魚を元にしたもので、1970年代に同社が用いていたロゴに似ている。(c)AFP

【関連記事】スターバックスの新ロゴ、「コーヒー」の表示消える