トップ > ニュース > 政治

グルジア大統領、ロシアとの戦争突入の危険性を示唆

2008年5月9日 3:54 発信地:モスクワ/ロシア

このニュースをシェア

グルジア大統領、ロシアとの戦争突入の危険性を示唆
グルジアの首都トビリシ(Tbilisi)で行われた国家安全保障に関する会議で発言するミハイル・サーカシビリ(Mikheil Saakashvili)大統領(2008年4月29日撮影)。(c)AFP/IRAKLI GEDENIDZE
【5月9日 AFP】グルジアのミハイル・サーカシビリ(Mikheil Saakashvili)大統領は8日、西部バトゥーミ(Batumi)でロシア人記者団に対し、独立を主張するアブハジア(Abkhazia)自治共和国をめぐる緊張がロシア政府との間で高まる中、ロシアとの戦争突入の危険性を示唆した。

 サーカシビリ大統領は、「数日前は一触即発だった。今も危険性は残っている」とした上で、グルジア政府はロシアとの戦争を望んでおらず、また軍隊の準備不足や北大西洋条約機構(NATO)の支援も得られないとの見通しから戦争は不可能とも主張した。

 一方、ロシア下院は同日、前日就任したドミトリー・メドベージェフ(Dmitry Medvedev)新大統領によるウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)前大統領の首相指名を承認した。これにより、ロシアは前例のない「双頭体制」の時代を迎えた。(c)AFP/Dario Thuburn
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>