トップ > ニュース > 政治

チベット暴動、ダライ・ラマが再び引退を示唆

2008年3月25日 21:04 発信地:ニューデリー/インド

このニュースをシェア

チベット暴動、ダライ・ラマが再び引退を示唆
1/2
2008年3月25日、インドのニューデリー(New Delhi)で1週間にわたる瞑想セミナー開催前に報道陣の質問に応えるチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世。(c)AFP/RAVEENDRAN
【3月25日 AFP】チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世は25日、中国内外でチベット人によるさらなる暴動が発生するようなら、亡命政府の指導者として引退するとの意向をあらためて示唆した。

 首都ニューデリー(New Delhi)で1週間にわたり行われる瞑想セミナーの席で語ったもの。ダライ・ラマは「暴力的デモが続くようであれば、わたしは引退する」と表明したうえで、「中国内外におけるチベット人の暴力行為に、断固反対する」と付け加えた。

 1959年からインド北部のダラムサラ(Dharamshala)で亡命政府を率いているダライ・ラマは前週にも、同様の意向を示している。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>