トップ > ライフ > ライフ

ナチスの隠し財宝? 独政府が大量の埋蔵貴金属を発掘中

2008年2月28日 11:34 発信地:ベルリン/ドイツ

このニュースをシェア

ナチスの隠し財宝? 独政府が大量の埋蔵貴金属を発掘中
2008年2月26日、ドイツ南東のDeutschneudorf村で開始されたナチス埋蔵金の発掘作業。左は村長のHeinz-Peter Haustein氏。(c)AFP/UWE MEINHOLD

【2月28日 AFP】ドイツ南東部で大量の貴金属らしきものの存在が地下20メートル付近で探知され、ドイツ政府は26日、発掘作業を開始した。第二次大戦時にナチス(Nazis)が埋めたものとされている。

 発掘が行われるのは、チェコとの国境に近いDeutschneudorf村の近郊。

 村長によると、数トンの「お宝」をこの地域に埋めたことを示唆する当時のドイツ空軍(Luftwaffe)パイロットのノートが発見されて以来、トレジャーハンターらがその埋蔵場所を探し回っていたという。

「住民はこのニュースに夢中になっている。金塊は第二次大戦の遺物だ。戦争はまだ終章を迎えていない。過去を振り返る機会が与えられたという意味で、この件を話題にするのはいいことだ」と、村長はテレビで語った。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>